手間なく帰りのバス乗車時間を把握 XPANDコード

多くの場合、バス停の時刻表はネットでも見つけ辛く、現地で確認するにもバス停へわざわざ確認する手間がかかります。しかしXPAND コードを導入すれば、バス利用者さまは道路の反対側からでもコードを読み取り、時刻表や運行状況の確認が可能に。複数人同時に読み込むこともできるので、ストレスなく利用することができます。

バス利用者さまの問題

  • バスの時刻表はネットでも探しづらいので気軽に把握できない。
  • 現地ではわざわざ道路の反対側まで行って確認しなければならない。
  • こうした無駄な手間がストレスにつながり、バスの印象が悪くなる。

これで解決!
・反対側の歩道からでも瞬時にバス時刻表を取り込める。
・ネットでわかりにくい情報を探さなくてもいい。
・バスの時刻情報を把握するのにストレスが全くかからず、バスへの印象もよくなる。

It's only fair to share...
Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

今日のバス

  1. 方向幕の面白い活用方法

    東海バス様が静岡ディスティネーションキャンペーンの情報発信を 方向幕で行っています。(6月いっ…

AI・サイネージ

  1. 気軽に聞ける窓口あればいいのに。バス利用者さまや観光者さまは気軽に問い合わせできる窓口を探してい…
  2. バス停設置型デジタルモニター「サイネージ」のアップグレードバージョン。バスの行き先や系統を色…
  3. バス利用者さまの疑問をその場で解決できるデジタルモニター。スマホを利用しない年配の方でも、バ…

このサイトをシェア

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

観光+交通

ページ上部へ戻る