ダイヤ編成支援システム その筋屋

ダイヤ編成支援システムの導入・運用サポートでは、バス事業者さまに必ず1 人は在籍しているダイヤ編成の専門家の業務のシステム化をサポートします。このシステムを利用することにより、ダイヤ編成をされている方の業務の効率化や他部署の社員であっても、ダイヤ編成に関するデータの共有が可能となります。

バス事業者さまの問題

  • 社内データが社外で活用できる形式に整理されておらず、その対応にかなりの
    工数やコストがかかってしまう。
  • バスロケを導入してお客様に対する利便性向上はできたものの、社内での活用が
    ほとんどできていない。
  • ダイヤ編成作業を紙ベースで行なっているので大変だけど、データ変換するのには
    膨大な工数やコストがかかってしまう。
  • ダイヤ編成支援システムの導入も考えているが、活用できるかがわからずに
    手を出せないでいる。

これで解決!
・社内データをそのままの形式で送信するだけで、社外でも活用可能なデータに変換することができる。
・GTFS フォーマット、標準的なバス情報フォーマット対応。
・ダイヤ改定時もプログラムがデータを自動変換するので、初回送信時以外は一切手間がかからない。
・バスロケのデータを可視化させることで、ダイヤ改定時に活用できる素材を提供する。
・Sujiya Systems 社から認定を受けたユニ・トランドがダイヤ編成支援システムの利用を全面的にサポート。

ダイヤ編成は、極めて緻密で正確さも求められる、非常に高度な作業です。しかしそんなダイヤ編成もユニ・トランドが提供するダイヤ編成支援サービスのサポートを利用すればシステム化し作業の効率化を実現することが可能になります。システム上でシミュレーションすることもできるので、専門家の業務の効率化やダイヤ編成に関するデータの社内共有も可能になる非常に便利なサービスです。

今までになかった直感操作と高速性!
描くのも消すのも素早く自由自在に!
古いシステムにありがちな、何桁ものコードを意識させないシステムです。
シミュレーションをすることもできるので、より正確なダイヤ編成を行うことができます。

It's only fair to share...
Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

今日のバス

  1. バスでは珍しいボックスシート

    先日、旭川にて道北バス様(北海道旭川市)に乗車したとき、ボックスシート採用している路線バスで…

AI・サイネージ

  1. 気軽に聞ける窓口あればいいのに。バス利用者さまや観光者さまは気軽に問い合わせできる窓口を探してい…
  2. バス停設置型デジタルモニター「サイネージ」のアップグレードバージョン。バスの行き先や系統を色…
  3. バス利用者さまの疑問をその場で解決できるデジタルモニター。スマホを利用しない年配の方でも、バ…

このサイトをシェア

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

観光+交通

ページ上部へ戻る