A I窓口 多言語化対応 災害時にも繋がりやすい


気軽に聞ける窓口あればいいのに。バス利用者さまや観光者さまは気軽に問い合わせできる窓口を探しています。バスターミナル・観光窓口は、限られたスペースとともに有人だと費用が高くてとんでもない。そんな時AI 窓口なら、どこにでも安価に導入することができるのです。

バス事業者さまの問題

  • 外国語が話せる担当者が少ない
  • 問い合わせ内容が全く管理されていない
  • 少ない人員で対応しているため、窓口を不在にすることがある

これで解決!

・多言語化対応の窓口を設けることができる。
・AI が翻訳し、翻訳内容も印刷してくれる。
・問合せデータ管理ができるため、様々な改善に利用可能。
・営業時間内であれば人が不在でもいつでも対応ができる。

バス利用者様からの問い合わせ内容は様々。よくある質問もありながら、時々資料を見直したり、専門担当者に聞かなければわからない質問もありますよね。そのたびに手が止まってしま
うと、時間や労力を大幅にロスすることにも。AI 窓口のエンジンとなる自然言語AI システムは、ある程度の情報を認識させ回答する機能を持った形式で導入。導入後はAI 窓口利用者さまの質問や回答の情報を蓄積させることで、フィードバックさせるサイクルをつくり、さらに活用可能なシステムへと発展。利用者さま対応を自動化する仕組みをつくることが可能です。

システム機能概要

・対話機能概要
路線検索やターミナル情報、バス位置情報から、バスの乗り方、料金一覧、観光地情報やそこまでのバス検索まで。バス利用者さまの質問を受け取り、AIが返答をディスプレイに表示します。また、地図の印刷機能も利用可能です。

・翻訳アシスト機能
外国人観光客も安心してご利用できるよう、翻訳機能が備えられています。さらに問い合わせ内容を日本語翻訳して表示することもできるため、外国人観光客とのコミュニケーションもスムーズに行えます。

・利用者の属性判別
問い合わせ内容は全て履歴としてAI に残ります。さらにその履歴から、問い合わせされた方の性別や履歴、国籍をデータとして管理することが可能です。こうした情報を元にチラシ制作やキャンペーン実施を行うことで、より確度の高いマーケティング戦略を検討することができます。

 

It's only fair to share...
Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

今日のバス

  1. 方向幕の面白い活用方法

    東海バス様が静岡ディスティネーションキャンペーンの情報発信を 方向幕で行っています。(6月いっ…

AI・サイネージ

  1. 気軽に聞ける窓口あればいいのに。バス利用者さまや観光者さまは気軽に問い合わせできる窓口を探してい…
  2. バス停設置型デジタルモニター「サイネージ」のアップグレードバージョン。バスの行き先や系統を色…
  3. バス利用者さまの疑問をその場で解決できるデジタルモニター。スマホを利用しない年配の方でも、バ…

このサイトをシェア

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

観光+交通

ページ上部へ戻る