社外データ活用 「MANALYZE」

バス事業者さまの問題

  • 社外データをほとんど活用できていない

これで解決!

  • バスロケのデータ、乗降センサーの情報をMAP や外部データ(人口分布や天気)と組み合わせ可視化することにより事象の因果関係の発見および横展開などができる。
  • 人口分布データと利用者さまの数を比較・分析することで、各バス停の「本来見込める利用者さまの数」といったポテンシャルを可視化することができます。
  • また天気のデータとバスの増便データを組み合わせることで、天気予報から増便を予測することも可能です。
It's only fair to share...
Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

今日のバス

  1. 方向幕の面白い活用方法

    東海バス様が静岡ディスティネーションキャンペーンの情報発信を 方向幕で行っています。(6月いっ…

AI・サイネージ

  1. 気軽に聞ける窓口あればいいのに。バス利用者さまや観光者さまは気軽に問い合わせできる窓口を探してい…
  2. バス停設置型デジタルモニター「サイネージ」のアップグレードバージョン。バスの行き先や系統を色…
  3. バス利用者さまの疑問をその場で解決できるデジタルモニター。スマホを利用しない年配の方でも、バ…

このサイトをシェア

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

観光+交通

ページ上部へ戻る