データの可視化およびシミュレーション 「MANALYZE」

センサーから取得されたデータを、地図を用いながら多角的に分析するためのWeb サービスです。

ダイヤ情報や乗降者数、バスの遅延情報といった社内データと、人口や天気といった社外データを、地図を基盤としながら総合的に見える化することができるサービス。これまでのように、経験と勘に頼るのではなく、データに基づいたより価値のある戦略設計を実現すると共に、これまでに無かった新たな気づきを得ることで、マーケティングへの活用やサービス向上に繋げることができます。またデータが蓄積されることにより、人工知能が学習し最適なバスルートを提案することも可能です。

2つの分析機能

地図を用いた分析

・バス停色による乗降数分布
赤: 上位20% 以上、青: 下位20% 以下、黒: なし、黄: 以外

地図上で視覚的に利用者の多い・少ない停留所を把握することができます。

 

・停留所単位 乗降数グラフ表示

指定した停留所における乗降数を時間帯別に確認することができます。

 

・ダイヤと実運行比較表示

指定した路線( 系統) における1 日ごとの計画( ダイヤ)と実績の差を確認することができます。

 

集計レポートを用いた分析

・日別集計( 便詳細)

・系統毎集計

・複数系統集計

It's only fair to share...
Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

今日のバス

  1. ハノイの旧市街を走るバスですが結構な混雑具合です。 ハノイの空港から直接旧市街に入り、ホテル…

AI・サイネージ

  1. 気軽に聞ける窓口あればいいのに。バス利用者さまや観光者さまは気軽に問い合わせできる窓口を探してい…
  2. バス停設置型デジタルモニター「サイネージ」のアップグレードバージョン。バスの行き先や系統を色…
  3. バス利用者さまの疑問をその場で解決できるデジタルモニター。スマホを利用しない年配の方でも、バ…

このサイトをシェア

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

観光+交通

ページ上部へ戻る