Alor Setar市(マレーシア)の交通

マレーシアのケダ州にあるアロースター市の人口は約22万人、マハティール首相の出生地です。 市内には立派なバスターミナルがあり長中距離バスの受け皿として機能。ただし、市内の主要路線バスについてはバス停の間隔が約3km毎となり、写真の赤い小さなバスやバス降車場にタクシー乗り場があり、交通を補完し合っているシステムでした。 のどかで美しい街並みでした。

It's only fair to share...
Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

今日のバス

  1. バスでは珍しいボックスシート

    先日、旭川にて道北バス様(北海道旭川市)に乗車したとき、ボックスシート採用している路線バスで…

AI・サイネージ

  1. 気軽に聞ける窓口あればいいのに。バス利用者さまや観光者さまは気軽に問い合わせできる窓口を探してい…
  2. バス停設置型デジタルモニター「サイネージ」のアップグレードバージョン。バスの行き先や系統を色…
  3. バス利用者さまの疑問をその場で解決できるデジタルモニター。スマホを利用しない年配の方でも、バ…

このサイトをシェア

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

観光+交通

ページ上部へ戻る