運転手の健康状態をセンサーで管理! 「バイタル」


長時間運転や運転手の高齢化によって、運転中の疲労や眠気による事故や問題も少なくありません。バイタルを導入することで、運転手の眠気を心拍数などから非接触センサーがすぐにキャッチし、音を鳴らしたり振動を与えることで事故防止に役立てます。

バス事業者さまの問題

  • 運転手の居眠りによる事故は大きなリスクになる
  • だからといって、何か対策を取れているわけではない

これで解決!

  • リアルタイムに運転手の脈拍や呼吸数を把握し、眠る傾向を感知して振動や音を出し、事故を減らせる。
  • いつどこで眠りの兆候がでるのかのデータを集計することもできるため、注意喚起も可能。
It's only fair to share...
Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

今日のバス

  1. ハノイの旧市街を走るバスですが結構な混雑具合です。 ハノイの空港から直接旧市街に入り、ホテル…

AI・サイネージ

  1. 気軽に聞ける窓口あればいいのに。バス利用者さまや観光者さまは気軽に問い合わせできる窓口を探してい…
  2. バス停設置型デジタルモニター「サイネージ」のアップグレードバージョン。バスの行き先や系統を色…
  3. バス利用者さまの疑問をその場で解決できるデジタルモニター。スマホを利用しない年配の方でも、バ…

このサイトをシェア

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

観光+交通

ページ上部へ戻る