バス利用者さま情報を把握 「乗降センサー」


どのバス停に何人のバス利用者さまがいるのか。こうした情報を把握することで、バス路線ごとのマーケティングに活用することができます。乗降センサーは、現金・IC・定期など支払い方法に関わらず、バス利用者さまの人数を正確に把握することができます。

バス事業者さまの問題

  • 各バス停ごとの利用者さまの数を知りたいがデータがない
  • データを把握するためには調査が必要
  • IC を導入していても現金や周遊パス、定期券利用者さまの把握ができない

これで解決!

  • 支払い方法にかかわらず、バス停ごとの利用者さま情報を把握できる。
  • 路線再編やマーケティングへの活用ができる。
  • 乗降数を多様な角度でレポート形式で閲覧・EXCEL でダウンロードができる(MANALYZE サービス)。
  • 国交省運輸局へのレポートもMANALYZE で出力可能。
It's only fair to share...
Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

今日のバス

  1. ペナン視察

    2008年に世界遺産に登録されたペナン島ジョージタウンを走行するバス会社へ訪問。社屋もバスもさらに車…

AI・サイネージ

  1. 気軽に聞ける窓口あればいいのに。バス利用者さまや観光者さまは気軽に問い合わせできる窓口を探してい…
  2. バス停設置型デジタルモニター「サイネージ」のアップグレードバージョン。バスの行き先や系統を色…
  3. バス利用者さまの疑問をその場で解決できるデジタルモニター。スマホを利用しない年配の方でも、バ…

このサイトをシェア

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

観光+交通

ページ上部へ戻る