2018年08月08日 国内初!「XPANDコード」を路線バス交通サービスに採用いたしました。

2018-8-8

プレスリリース

2018年8月8日

報道関係各位

株式会社ユニ・トランド

国内初!ユニ・トランド、「XPANDコード」を路線バス交通サービスに採用!
〜北海道帯広市帯広駅新バスターミナルの十勝バスサイネージへ2018年8月3日よりリリース〜

 株式会社ユニ・トランド(本社:東京都港区、代表取締役社長 高野 元、以下 ユニ・トランド)は、北海道帯広市帯広駅新バスターミナルの十勝バス株式会社(本社:北海道帯広市 代表取締役社長 野村 文吾)のサイネージにおいて「XPANDコード」を活用したサイネージをリリースしました。

 XPANDコードは、XPAND株式会社(埼玉県東松山市 代表取締役社長 南木 徹)が開発したサイン専用バーコードで、QRコード(2次元バーコード)やJANコードなどと同様で、スキャンしてスマートフォンに情報を表示させるためのトリガーになります。例えば、バスの待合室の椅子から座ったままでも、視認距離で10メートル程度の距離なら問題なく読み取りが可能です。QRコードでも大きくすれば読み取りは可能になりますが、かなりの大きさが必要なため、肝心のサインを表示する領域が狭くなり、わかりやすく情報表示するというサイン本来の目的が付加的機能で阻害されることになります。その点、XPANDコードなら、サインの表示領域を圧迫しません。また、多数の人が一斉にアクセスするシーンにおいても有効です。

◆同じ距離で読み取らせる場合のQRコードとXPANDコードのサイネージ表示比較(※画像はイメージです)

 ユニ・トランドは、このXPANDコードをいち早く、路線バス交通サービスのサイネージに採用し、サイネージには表示されていない運行情報について、XPANDコードを読み取ったスマートフォンに、当社のバスロケーションシステムや路線検索アプリを表示させることで、さらに詳しい情報を提供します。今後は、災害発生時に避難情報等にアクセスするXPANDコードをダイナミックに表示切替させる機能強化も予定しています。

◆システム概要

 通常時に時刻表を表示している場合のXPANDコードにアクセスすると、サイネージよりさらに詳しい運行情報を提供するURLにアクセスします。災害発生時に、表示しているXPANDコードを災害用のXPANDコードにダイナミックに表示切り替えするだけで、多言語対応の災害対策URLを表示することが可能です。

以 上

■報道関係者からのお問い合わせ先
株式会社ユニリタ 広報IR室
TEL: 03-5463-6384
E-mail: ir_info@unirita.co.jp

■製品・サービス内容に関するお問い合わせ先
株式会社ユニ・トランド http://www.unitrand.co.jp/
担当:高野
TEL: 03-5479-5750
E-mail: info@unitrand.co.jp

※本プレスリリースに記載の会社名、製品名は商標または登録商標です。
※本プレスリリース記載の情報は発表日現在の情報です。 予告なしに変更されることがありますのであらかじめご了承ください。
It's only fair to share...
Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

今日のバス

  1. 方向幕の面白い活用方法

    東海バス様が静岡ディスティネーションキャンペーンの情報発信を 方向幕で行っています。(6月いっ…

AI・サイネージ

  1. 気軽に聞ける窓口あればいいのに。バス利用者さまや観光者さまは気軽に問い合わせできる窓口を探してい…
  2. バス停設置型デジタルモニター「サイネージ」のアップグレードバージョン。バスの行き先や系統を色…
  3. バス利用者さまの疑問をその場で解決できるデジタルモニター。スマホを利用しない年配の方でも、バ…

このサイトをシェア

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

観光+交通

ページ上部へ戻る