プレスリリース

2017年8月30日

報道関係各位

株式会社ユニ・トランド

夕張市のスクールバスにバス予約・位置情報通知クラウドシステムが採用

 ユニリタグループの株式会社ユニ・トランド(本社:東京都港区 代表取締役社長:高野元)が、自治体のデマンドバス・スクールバス用にクラウドサービスとして開発した「バス予約サービス」と「位置情報通知サービス」が、北海道夕張市のスクールバス事業に採用され、9月より本格稼働することになりました。

 本サービスの特徴は、予約人数に合わせ運行する車両の変更が可能となることから、運行経費に関わる自治体の負担を軽減することができること、また、車両にタブレットを持ち込むことにより、車両の位置情報発信や、運転手による利用者の乗降場所と乗降人数の正確な把握が可能となることです。

 これにより、バス事業者は、運行させる車両のサイズを、その日の乗降人数に合わせて効率的に配車できるようになります。また、利用者である生徒はスクールバスの位置情報がリアルタイムでわかるため、寒い中、外で長時間待つこともなくなり、保護者にとっては自分の子供が帰ってくるバスの時間や走行している位置情報の把握が可能となります。

■サービスの概要
1. 予約サービス
「いつ」バスに乗るか、「どの」バスに乗るかを選択し、デマンドバスを予約することができます。「いつ」と「どの」の2点を選べば予約できることから、誰でも簡単にシステムを使うことができます。

2. 管理機能
予約人数の確認機能、運行実績の確認機能や、運行事業者向けに運行指示書の表示機能などを提供。デマンドバスの運用で起こりがちなバスのサイズと乗車人数のミスマッチ防止のほか、運転手は紙ではなくタブレットで自動的に停留所ごとの乗車・降車人数を知ることができます。

3. 位置情報閲覧サービス
当社の位置情報提供サービスと連携し、デマンドバスの現在地を知ることができます。これによってデマンドバスの利用者は停留所に適切なタイミングで向かうことが可能となります。

図

以 上

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社ユニ・トランド
TEL: 03-5479-5750
E-mail: info@unitrand.co.jp