熱から守る冷却部材 P C M (Phase Change Material)

バスの車載端末は全て機械。稼働すれば熱がこもり、夏は特にオーバーヒートして故障しがち。そうなるとメンテナンスや修理、買い直しになってしまうことも。PCM は、車載端末はもちろん過酷な環境に設置されたloT 機器を熱から守り、稼働の安定を支える電力不要の冷却材です。

バス事業者さまの問題

  • 夏場などの暑い環境下では、車載端末の継続稼働が不安定になる
  • オーバーヒートして故障すれば、メンテナンスや買い直しが大変
  • だからといって、バスの運営は止められない

これで解決!
・車載端末を熱から守ることで、稼働を安定できる。
・故障のリスクを減らせるため、無駄な経費を抑えられる。
・バスも通常どおり運行でき、利用者さまに迷惑がかからない。

It's only fair to share...
Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

今日のバス

  1. ヘルシンキの交通

    交通に関連する事業者だけではなく、MaaS(Mobility as a Service)という言葉は…

AI・サイネージ

  1. 気軽に聞ける窓口あればいいのに。バス利用者さまや観光者さまは気軽に問い合わせできる窓口を探してい…
  2. バス停設置型デジタルモニター「サイネージ」のアップグレードバージョン。バスの行き先や系統を色…
  3. バス利用者さまの疑問をその場で解決できるデジタルモニター。スマホを利用しない年配の方でも、バ…

このサイトをシェア

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

観光+交通

ページ上部へ戻る