ミャンマーYBS

ミャンマーのYBS(Yangon Bus Service)に乗りました。いつもの海外バスの「不安」シリーズとなり、空港からミャンマー市内中心地に向かうバスに音声合成案内もサイネージも無く、どこで降りるかわからないのでGoogle Mapの現在地とのにらめっこになりました。 現地企業の方もあまり利用しないみたいで「バスで来たの!」と驚かれてました。空港バスは最新式ではないので黄色ではなかったのですが、バスターミナルに行くと最新式と思われる黄色いバスが何台も停車しており、中を見せていただくと車内5台のカメラとバスロケ機能付き車載機器等、かなり進んでいました。コントロールセンターも「写真OK」とのことで撮ったのですが、念のため公開は控えますがかなりの最先端でした。重慶企業のシステムが導入されていましたね。 日本も頑張らねば!  

It's only fair to share...
Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

今日のバス

  1. 公共交通マーケティング研究会(帯広)に参加しました。

    本日は、 公共交通マーケティング研究会に参加しています。 「十勝は黄色いバスだけではない!」という…

AI・サイネージ

  1. 気軽に聞ける窓口あればいいのに。バス利用者さまや観光者さまは気軽に問い合わせできる窓口を探してい…
  2. バス停設置型デジタルモニター「サイネージ」のアップグレードバージョン。バスの行き先や系統を色…
  3. バス利用者さまの疑問をその場で解決できるデジタルモニター。スマホを利用しない年配の方でも、バ…

このサイトをシェア

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

観光+交通

ページ上部へ戻る