北海道広域交通オープンデータの維持管理事業 ~北海道観光振興機構令和二年度事業…

2020-7-8

株式会社ユニ・トランド(本社:東京都港区、代表取締役社長:高野 元、以下 ユニ・トランド)は、(公社)北海道観光振興機構の令和二年度事業「活用可能なFIT 向け二次交通情報の整理と仕組化事業」において、令和元年度事業 「二次交通情報発信事業」で作成した北海道における交通の広域オープンデータをさらに進化させるため事業を開始しました。

本年度事業では、昨年度事業に参画していないバス事業者・自治体に本事業への理解を深めてもらうため、全道14箇所(北海道振興局支局所在地)にて、昨年度事業の結果と本事業についての説明会を実施し、北海道広域交通オープンデータへの参画を促していきます。本年度事業については、英語に加え訪日観光客数が最も多い中国語(繁体字)対応もします。

本オープンデータの活用には、バス事業者や自治体による交通情報網のデータ更新が重要となります。しかし、自治体では担当者の異動があることを前提に、データ更新作業の自走化(各社入力)がポイントであり、後任担当者へ簡単に引き継げる環境が必要となります。
コンソーシアムでは、作成した簡易データ更新ツールを自治体中心に試験導入を行い、データ更新の自走化を前提とした実証実験を10団体に提供する計画です。

交通データは最新の状態が維持されていることが重要であり、MaaSアプリにおける地元の情報も維持・更新していくことは、地元事業者が責任を持って更新する体制を作る必要があります。
しかし、各地域で課題も事情も異なることから、全国展開(メジャー)MaaSアプリをそのまま活用するのではなく、地元(ローカル)MaaS系アプリ・サービスと連携し、全国版MaaSでも活用可能かつローカルサービスでも活用できる環境を構築して実証試験をします。
なお、本オープンデータプラットフォームの自動更新にあたっては、地方創生モビリティコンソーシアムのメンバーであるジョルダン株式会社のプラットフォームを活用し、次年度以降も交通データの維持が可能となっています。
以 上

【地方創生モビリティコンソーシアムの概要図】

【MaaSアプリの連携イメージ】

 
【株式会社ユニ・トランド】
代表者:高野 元(たかの はじめ)
設 立:2016年5月
事 業:移動体通信IoT事業、バス・トラック等の移動体位置情報サービスとデータ分析

【本プレスリリースに関するお問い合わせ先】
株式会社ユニ・トランド 高野

【報道関係者からのお問い合わせ先】
株式会社ユニリタ 広報IR室
E-mail:ir_info@unirita.co.jp

※本プレスリリースに記載の会社名、製品名・サービス名は商標または登録商標です。
※本プレスリリース記載の情報は発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

It's only fair to share...
Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

今日のバス

  1. ヘルシンキの交通

    交通に関連する事業者だけではなく、MaaS(Mobility as a Service)という言葉は…

AI・サイネージ

  1. 気軽に聞ける窓口あればいいのに。バス利用者さまや観光者さまは気軽に問い合わせできる窓口を探してい…
  2. バス停設置型デジタルモニター「サイネージ」のアップグレードバージョン。バスの行き先や系統を色…
  3. バス利用者さまの疑問をその場で解決できるデジタルモニター。スマホを利用しない年配の方でも、バ…

このサイトをシェア

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

観光+交通

ページ上部へ戻る