バス車内のCO2 濃度を計測し、可視化・分析するサービスを 十勝バスに提供開始

2021-5-18

Press Release

2021 年5 月18 日
株式会社ユニ・トランド

バス車内のCO2 濃度を計測し、可視化・分析するサービスを
十勝バスに提供開始
~バス車内のCO2 濃度計測に加え、5 分後の濃度予測を組み合わせた、日本初のサービス‼~

 

株式会社ユニリタ(東証JASDAQ:3800)のグループ会社である、株式会社ユニ・トランド(本社:東京都港区、代表取締役社長 高野元 以下、ユニ・トランド)は、株式会社アイネット(東証一部:9600)と協業し、十勝バス株式会社(本社:北海道帯広市、代表取締役社長 野村文吾 以下、十勝バス)に、バス車内の二酸化炭素(CO2)濃度を計測し可視化・分析するサービス(以下、新サービス)の提供を開始します。
現在、ユニ・トランドでは、十勝バスに新型コロナ感染予防のために、バス車内の混雑度状況をリアルタイムで把握できるサービスを提供しています。今回の新サービスは、従来のサービスを発展させ、バス車内のCO2 濃度を計測し、それを可視化・分析することにより、新型コロナ感染症予防と利用者の安心安全を確保するものです。また、この新サービスは、一般的なCO2 計測サービスとは違い、5 分後の車内のCO2 濃度も予測することができるため、換気が必要になってからのアラートではなく車内の空気状況が悪化する前に通知できることが特徴です。
特に、長距離を走る高速バスや都市間バス、観光バスなどにおいては、新型コロナ感染予防のために車内環境を良好かつ安全に維持するためのニーズが見込めます。

各社の役割はつぎのとおりです。
■アイネット
CO2 センサーとデータ取得・分析(アイネットクラウド)および簡易的アラート画面・管理画面の提供
■ユニ・トランド
バスへセンサー設置、ユニリタにて分析されたデータをバス事業者向け管理サービスへ表示
利用者向け可視化サービス(希望する事業者のみ)ならびにサイネージ等への表示・加工
■十勝バス
CO2センサーの設置ならびに運行中のバスへの情報配信
■ユニリタ ソーシャルイノベーション部
バス車内における二酸化炭素濃度データの定期的(リアルタイム含む)な収集
収集した車内データに加え、季節・気温・湿度を収集し、季節毎・バス種別・天気・乗車人数での予測モデ
ルの作成

■サービス概要図

・ 株式会社ユニ・トランド
https://www.inet.co.jp/
・ CO2データ 分析 サービス i-visible CO2™
https://www.inet.co.jp/product/dx/i-visible-co2.html

【製品・サービスに関するお問い合わせ先】
株式会社ユニ・トランド
E-mail info@unitrand.co.jp
【報道関係者からのお問い合わせ先】
株式会社ユニリタ
広報 IR室
E-mail ir_info@unirita.co.jp

※本プレスリリースに記載の会社名、製品名・サービス名は商標または登録商標です。
※本プレスリリース記載の情報は発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらか
じめご了承ください。

 

It's only fair to share...
Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

今日のバス

  1. ヘルシンキの交通

    交通に関連する事業者だけではなく、MaaS(Mobility as a Service)という言葉は…

AI・サイネージ

  1. Thumbnail
    https://www.youtube.com/embed/UgQLun3ErjA …
  2. 気軽に聞ける窓口あればいいのに。バス利用者さまや観光者さまは気軽に問い合わせできる窓口を探してい…
  3. バス停設置型デジタルモニター「サイネージ」のアップグレードバージョン。バスの行き先や系統を色…
  4. バス利用者さまの疑問をその場で解決できるデジタルモニター。スマホを利用しない年配の方でも、バ…

このサイトをシェア

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn
ページ上部へ戻る