画像解析技術を活用したバス車両向けセンサーサービスを開発、特許出願も完了

2020-7-8

株式会社ユニ・トランド(本社:東京都港区、代表取締役社長:高野 元、以下 ユニ・トランド)は、株式会社日立国際電気(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員:佐久間 嘉一郎、以下 日立国際電気)と提携し、同社の画像認識技術を活用したバス向けの新しいセンサーサービスをリリースしました。

従来、バスの乗降者数を把握するためには、人による調査や新しく乗降センサーをバスに取り付けるための費用がかかっていました。本サービスは、既存のドライブレコーダーを活用することで、乗降者数を把握するための新しい機器の設置費用などの削減を実現します。

画像データは、媒体からデータをアップロード、もしくはドライブレコーダーに通信機能がついている場合は、リアルタイムにサーバに転送することも可能です。画像解析は、日立国際電気の画像解析技術を活用することで、セキュアな環境でサービスを提供することできます。なお、本サービスは2社共同で特許出願を完了しています。

 

【サービス概要図】

本サービスは、データ収集が必要な期間のみでの利用、また、収集データに関するレポートの参照が可能なサブスクリプション型サービスです。

以 上

 

【株式会社ユニ・トランド】
代表者:高野 元(たかの はじめ)
設 立:2016年5月
事 業:移動体通信IoT事業、バス・トラック等の移動体位置情報サービスとデータ分析

【本プレスリリースに関するお問い合わせ先】
株式会社ユニ・トランド 高野

【報道関係者からのお問い合わせ先】
株式会社ユニリタ 広報IR室
E-mail:ir_info@unirita.co.jp

※本プレスリリースに記載の会社名、製品名・サービス名は商標または登録商標です。
※本プレスリリース記載の情報は発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

It's only fair to share...
Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

今日のバス

  1. ヘルシンキの交通

    交通に関連する事業者だけではなく、MaaS(Mobility as a Service)という言葉は…

AI・サイネージ

  1. 気軽に聞ける窓口あればいいのに。バス利用者さまや観光者さまは気軽に問い合わせできる窓口を探してい…
  2. バス停設置型デジタルモニター「サイネージ」のアップグレードバージョン。バスの行き先や系統を色…
  3. バス利用者さまの疑問をその場で解決できるデジタルモニター。スマホを利用しない年配の方でも、バ…

このサイトをシェア

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

観光+交通

ページ上部へ戻る