最新情報ビジュアル

プロダクト一覧

products
  • バス検索/バスロケ
    楽PINA・接近情報サービス
  • デジタルサイネージ
  • MANALYZE

収集

  • オリジナル車載器(AZ-119、AZ-221)

    IOT車載器でドアの開閉情報、音声合成装置との連携、SOS信号受信、車速パルスなどバスの位置情報や遅れを精度高く取得します。
    またバッテリーなしOS更新なしのため、過酷なバス環境においても長く安定してご利用頂けます。

  • ユニコンシェルジュ

    人口知能がお客様からの質問を回答します。
    窓口の業務効率化や質問内容から利用促進につながるマーケティングのデータ取得などを実現できます。
    またLINE チャットボット機能ではLINEに質問するだけでバスや観光に関する質問に回答します。
    回答内容はメンテナンスできるため、回答精度の向上が可能です。

  • 乗降センサー

    各バス停の乗降者数やバス車内の人数を取得できるセンサーです。
    センサーをバス車内に取付、バス路線ごとに情報を把握する事が可能です。

  • CO2センサー

    二酸化炭素(CO2)濃度予測サービスとしてバス車内、オフィス、スポーツジムなど密になりうる室内に設置可能です。
    一定の濃度を予測した際にアラートで通知し、室内の環境が悪くなる前に空気の入れ替えを促すサービスです。
    現在のCOVIT-19をはじめとするウイルス感染対策にも、CO2濃度を予測、可視化、アラート通知にて対策の一つとなります。

  • IP無線

    バスの運転手と連絡を取りたい場合、範囲に限られず利用可能です。
    災害時には携帯電話などは繋がりづらい懸念点もIP通信の利用なのでスムーズに状況確認が行えます。

  • GEM

    国土交通省が定める「標準的なバス情報フォーマット(GTFS-JP)」の作成を支援するアプリケーションです。
    GTFS-JPを0から作成はもちろん、メンテナンスの際も作成済みGTFS-JPをインポートでき、編集可能なので簡単にメンテナンスを行えます。
    ツール自体は無料で利用可能です。 サポートをご希望の場合は有償にて対応可能です。

可視化

  • MANALYZE(乗降者数可視化・遅延可視化)

    MANALYZEとは各路線、各系統、各停留所までさまざまな単位での乗降レポートを提供するサービスです。
    弊社サービスの乗降センサーをご利用いただいたうえで本サービスと連携も可能ですが、他社サービスの乗降データを本サービスと連携する事も可能です。

  • デジタルサイネージ

    バス利用者さまの疑問をその場で解決できるデジタルモニター。
    スマホを利用しない年配の方でも、バスの運行情報や現在地がすぐにわかる仕様です。
    バス事業者さまの負担を減らしながら、よりバスを利用しやすい街づくりを叶えることができます。
    柱埋込型、収納ボックス型(横型)、バス停行燈型などご希望に沿った提供が可能です。

  • デマンドバス

    デマンドバスの予約からルートの最適化や車両の調整までを行うサービスです。
    リアルタイムの予約状況に合わせたルートの最適化(ダイナミックルーティング)や車両の調整は自動的に行われ、無駄のないデマンドバスの運用にご活用いただけます。

分析

  • データサイエンティストの分析レポート

    データサイエンティストの資格を有した者がバスのデータをオープンデータ(天気、人口分布、施設データなど)と組み合わせデータの観点からレポートを提出します。
    お客様の課題や行いたいテーマに沿って分析・解析しレポートを提出します。